チャミエルのつぶやき

今日は、朝4時に起きて、山梨県に用事あり行き、今帰ってきました。
お風呂に入って寝たいと思います。

今日は、野々市の「温もり空間」にてほりちづさんの食事を交えてのお話会をしました
ほりちづさんとは今は加賀市に住み、バスガイド→葬儀屋の司会を勤めて今は年金をもらいつついろんな方に生き方や悩み相談などのお話をしたり
その人だけの詩を書いたりしてるそうです。

今日は、葬儀屋の司会をやってたときの体験やつっこんだことなどをきいてみたり有意義な時間をすごせ集まったみなさん、楽しかった〜といってました

司会をやってたときは、失敗は許されず、シーンと静まりかえったときに大勢の前で話したけど何度やっても緊張しなかったことはなかったことや、神経をとぎすましたときに亡くなった方の顔をみてるといろんな言いたいことや、生前のこの方の生きがいなどが、どこからともなく聞こえてきておりてくるのだといってました。

で、家族なども知らないことを見送るときにみんなの前で話すと、よくどうしてわかるの?と驚かれることがたびたびあったそうです。

「こんな感じであなたもわかるんでしょ?」って言われたときに、この人何も言わずとも人をみただけでわかるなって思ったのが、家族の問題がある方が来ていて、内輪の会話をしていたんですが、全部今まであった出来事をきいて、全部みていたかのように会話に入ってこられたことが何度かありびっくりしました。
不思議ととぎすますとおりてくるからそのときに全部書き取るそうです。

葬儀屋の司会ときくとすごーい感じがしていたのですが、色とお金の世界だから絶対にやらないほうがいいと言われました。

ほりちづさんにまた会いたいな〜と思います


この方のような一度にたくさんの方を導けるこんな仕事もいいなって思いました。ほりさん自身今後の生き方を試行錯誤しているといわれてましたが、ずっと困った人の導き手をどんな形であれやっていくのだろうな〜って思いました。

 

IMG_0343IMG_0339








今日は野々市にあります温もり空間にて、大島恵子さんという加賀市で1名から料理を教えている先生がセレブ料理を教えてくださるということでいってきました。


IMG_0344IMG_0345








IMG_0347IMG_0348








メニューは「あん肝」「蕎麦がき」「ふきのとう味噌」「桜餅」「つぶ餡」「やきおにぎり」

大島恵子先生、きれいな着物を着てこられ月の半分は着物ですごされているとか・・・  料理教室をあちこちで教えていて本日もあちこち歩くのに忙しいといってました。

で・・・セレブな料理を教えてくださる先生といえばさぞかしおしとやかで行動もゆっくりしてるのかと思いきや・・・行動がぶっとんで落ち着きなく、バタバタして、教えていただいてる間中、料理の仕方をきくのでなく、先生の行動で笑えました。 

例えば、包丁を床に落としたり・・・(日常茶飯事らしい)
目の前で教えているな〜と思ったら今日こられる生徒さんが場所がわからないということで電話あり、何をいうことなくそのまま携帯もちつつ「どこまできたの?」といいながら外に消えていったのにも笑え・・・とにかくすごいすごい先生でした。

ちなみに、1品1品の料理はすごい って感心するおいしさでした。

帰ってきて、鶏肉をかたくりこにまぶしてなべに入れてたのを思い出し、それをやってみようとかたくりこを探したのですがないので、お好み焼き粉でも大丈夫かな?と思いまぶしていれてみましたが・・やっぱりダメでした
やはり片栗粉でないととろみはでないんですね〜・・・

今日、作っていた料理、ちょっと振り返ってまた作ってみたいと思います。

それと、あの先生くらい、周りを振り回せる人間になりたいな〜って思いました。
ぼーっと最初座ってた私も、いつの間にやら先生の助手になってまし(笑)あまりにすごいので、なんかしましょうか?って言いたくなる雰囲気。

でも予想のつかない行動をされるので追うのが大変で家に帰ったらどっと疲れました

来月もあるそうなんですが、料理もおいしいので料理もいいですが、先生の行動、化け物みたさのような気分でまたいきたいかもって思いました〜。

 


 

 

このページのトップヘ